メインイメージ画像

お悔みの電報を送る際の最低限のマナー

葬儀の際のマナーはご存知ですか。生前故人と親しくしていたにも係わらず、止まれぬ事情で通夜もしくは本葬を欠席する必要がある時は、お悔みの電報を送って哀悼を伝えると合格でしょう。こういった際の注意点として、相手方に失礼とならないように最低限のマナーは踏まえて手続きするのが鉄則です。例えば電報を送る先は、故人の名前ではなく喪主の名前を指定し、当たり前の事ではありますが正確なフルネームを調べて送るのがマナーです。

また御哀悼の電報を送付する宛先は、通常は葬儀を取り行う葬儀場である事が多いですが、故人宅に直接送付する場合もあるので、どちらかは葬儀場に尋ねると良いでしょう。そして電報の差出人記入フォームには、きちんと送り主のフルネームを記載して、故人との生前の関係を住所や電話番号も含めて明確に記しておきます。

お悔やみの電報を打つときは送付する日時指定も普通にできますが、一般に通夜や葬式まで時間がない事が多いですので、電報が希望日に送られるように出来るだけ早く電報を打つ申込をするのがマナーです。

お悔やみの電報は、インターネットや書籍等によく使われる例文も掲載されているので、最初から自分で文を構成する人は言葉遣いには気を付ける必要があります。特にお悔やみ電報の時には、弔電で使用してはいけない忌み言葉があり、制限も多いです。

例えば死ぬや生きるなどは、電報の中ではご逝去やご生存中のように直接的な表現を和らげる言葉に代える必要があります。

そして反復を連想させる言葉のまたやしばしばなども不幸を繰り返す悪いイメージを持つので、極力使わないようにしましょう。また思いの外忘れやすいのが数字で、死を連想される9や4の数字も縁起が悪いとされるので、文中で使用しないようにするのが基本です。

お悔やみの電報は、止むを得ない事情で告別式に立ち会えない場に代用する気持ちを伝える手段ですから、なるべくならご家族の方には葬儀後落ち着きを取り戻した頃に改めて直接挨拶に伺うつもりでいればいいでしょう。

送って嬉しい電報 All Rights Reserved.