メインイメージ画像

電報を用いた祝電の役割について

電報を利用したことがありますか。結婚式などの祝いの席で、サプライズでお祝いのメッセージを述べるには電報が最適です。もともと電報は遠方から家族や友人などへ言葉を送るために利用するものです。そのため結婚式などの祝い事において、自分がその場にいるような場合はこのやり方を選択することは出来ません。しかし自分が勤めやその他の都合で親友の祝い事に出席出来ない場合、祝電はその友人をビックリさせ、尚且つ感動させるのに良いです。

例えば海外勤務のために日本に帰国することが出来ないで、結婚式を行う友人を直接祝福することが出来ないときがあります。このような例では事前に帰国出来ないことを友に告げるのが礼儀であり、直接祝福出来ないことを残念に思っている気持ちを電話やメールで返すのがよい方法です。恐らくこの時点で友人は電話やメールでコミュニケーションが取れたことを嬉しく感じると同時に、顔を見て話せないことに少しがっかりすることでしょう。ただし結婚式当日、海外から祝電を送り、それを式の最中に読んでもらうことを企画します。

友人は思わぬサプライズに感動することでしょう。さらにこの祝電に付け加えて電話やメールでコミュニケーションを取ったときのことを少し述べると、さらに感動は増加するかもしれません。このようにして祝電を用いることが出来るのです。電報と聞くと、何だか古めかしいイメージを抱く人は少なくないはずです。

メールやインターネット電話が広がることによってオンデマンドでの通信や通話が出来るようになった現在、電報を使う人は減ったかもしれません。それでも電報が利用され続けているというのは、電報そのものに独自の魅力があるからでしょう。特に祝電は祝い事など少しかしこまった席で読まれることが出来て、親しい友人を祝福する上で格別大きな役割を果たします。もちろん直接その場に参加して、祝福するのがベストですが、たまには祝電を利用して思いを伝えるのも非常に感動的です。

送って嬉しい電報 All Rights Reserved.