メインイメージ画像

電報によって弔電を送ることの重要性

身近な通信手段について考えてみましょう。電報と言えば昭和初期には必ずと言って良いほどの連絡手段でした。まだそれぞれの家庭には電話がなく、連絡の取り方として手紙よりもすぐに伝えるツールとして電報は重宝されたのです。最近は携帯電話やインターネットの広く普及された情報化時代です。もう電報の役目は終えたかのように思われています。しかし、21世紀に入った今でも電報の利用機会は残っているのです。

例えば弔電において電報は利用されています。弔電とは、ある人が亡くなり通夜や告別式が催される時、参列できない者が喪主に対して弔意を表すために送られる電報のことを言います。この弔電は、遅くとも告別式の前の日までには送らなくてはいけないものとされています。ある人が突然の不幸に見舞われ、どうやっても時間の都合がつかず、あるいは遠方で告別式に参加出来ない場合などでこの弔電は重要なものとなります。告別式に参列したのと匹敵するものだからです。弔問は家庭間の関係だけではなく、会社間の関係で出されることもよくあります。

特に会社間の関係が深いような場合には、社員一同からというような名義で出されることもあり、社会的な関係を保つことにとって大きな存在となっています。この弔電はかならず電報で行わなくてはいけません。E-mailやファックスで弔電を出すことは、極めて常識外れな失礼な行為と判断されます。弔電は電報でないとだめです。今現在、弔電に関しては様々な商品が開発されています。

簡単な花が添えられていたり、昔風のうるし盆が備え付けられていたり、故人を偲ぶための品のある弔電専用の電報が用意されているのです。弔電の発送については以前と同様に、電話で依頼することが出来るほか、現在ではインターネットから申し込めます。また従来のものは、電報はカタカナでしか表現できず、文字数もごく限られた少ないものでした。現在は、文字数の制限はなくなり、文字表現についても自由なものとなっています。突然の訃報の連絡で、告別式に参列できない場合は弔意を表すためにも弔電を送ることが何よりも大切なことなのです。

送って嬉しい電報 All Rights Reserved.